運命

運命っていう、ドラマチックな事ってあるだろうか…。

息子が統合失調症になったのは、運命だった?

いやいや、私がもっとちゃんといいお母さんをやっていれば、子どもの心に寄り添っていたら、ならずにすんだのだろうと、その気持ちは変わらない。

統合失調症は原因はひとつではなく、もともとの脳の脆弱性+さまざまな環境因子が関係していると言われている。

発症の誘因となる危険因子 | 原因 | 症状を知る | 統合失調症ナビ
発症の誘因となる危険因子についてご紹介します。統合失調症は脳内の精神機能のネットワークがうまく働いていない病気です。統合失調症ナビでは症状や治療方法など、統合失調症に関する情報を詳しくご紹介しています。

でも、なっちゃったんだから仕方ない。

息子の人生も、私の人生も、この先「あー良かった!こんな風に幸せになれたのは、統合失調症になったおかげだね♪」と、心から思えるような人生にしたいのだ。

最初のころ、息子が統合失調症になった事で、私の子育て期間のすべてが否定されたような気がしたけれど、そうではない。

子どもを、その時々で一生懸命育てたのだ。そして、息子が統合失調症になったけど、その後私は、かつてないほど頑張ったし、今も頑張っているし、その時々で、思いつく限りの最善の方法で対応しているんだ。

それは、間違っているかもしれないし、もっといい方法があるかもしれない。

後から、「あー、あの時こう言えば良かったんだ〜」とか、思うかもしれないけど、その時々、その瞬間には、どうすればいいか悩みながら、考え抜いた末に、ベストだと思ったことを実行してるんだ。

これが、初めから決まっていた運命だとか、思えない。思いたくない。

でも、小さな日々の、頑張ってるとか泣いたとかではなく、すごく大きな大きな流れの中で、もしかしたら、こういう運命だったのかなと思うこともある。

むしろ、病気になる運命だったのだと思った方が、気待ちが楽になったりもする。

結局のところ、『運命』というものがあるのかどうかわからないけれど、運命なのだと思った方が良い場合もあるし、運命だと思わない方が、頑張れる事もある。

何が起きようとも、諦めず、前を向いていたい。

コメント