劇団四季を見たかったんだよ

劇団四季を見たかったのは、大地ではなく私。

劇団四季のアラジンを見に行った。

何年ぶりだろう〜✨

こういっちゃなんだけど、大地のこと、ほぼ忘れて見ていた。

発症してから、ずーーっと目が離せなかった。仕事をしていても、大地の事ばかり考えてしまっていた。仕事以外の時間は、ほとんどを大地と一緒に過ごしていたし、出かけていても、大地は今どうしてるかな?大丈夫かな?と、頭を離れなかった。

これから先、何をしても楽しめないだろうと思っていた。大地が幸せになるまで、笑顔で過ごせる日が来るまで、私が楽しめることはない!そう思っていた。

けれど、思っていたよりずっと早く、大地のことを忘れて楽しめる日がきた。

そもそも劇団四季のアラジンを以前から見たいと思っていたのだけれど、まず、予約する気持ちにもなれなかった。

それが、ダイレクトメールでアラジンツアーの申し込みができるとあり、一ヶ月半ほど前に申し込んだのだ。

大地にも話した。

大地は元々テレビや映画は好きでないから、ミュージカルなんて絶対に一緒には行ってくれないタイプ。まぁ、普通に10代~20代の男の子が、母親とミュージカルなんて行かないだろうし。

大地は、「かあさんも、友だちとかと出かけたり遊んだりした方がいいよ」と言ってくれてるので、今回は友だちではなく長女だけど、朝から一日出かけた。

もちろん途中のシーンで、一瞬大地の事が脳裏をよぎる事はあったけど、ほぼ忘れて物語に集中して見ることが出来た。

満足✨良かった。

これからこういう機会は増えていくかもしれない。

コメント