家が沈む~

心が沈むのではありません。

なんと、ホントに家が沈んだんです。

沈んで傾いた。

なので、玄関のドアの開け閉めがキツくなり、こりゃーさすがにまずい。市の土木科に問い合わせたら、うちのお隣さんちが調査して、ゴミが埋まっていたのだと。なので、この土地を造成した超一流企業に問い合わせましたが、

「こちらにはもう資料がないですから!」と言われ、

そっちになくても、こっちには売買契約書もあるし、そちらが造成した大規模分譲地の一画であることは、ここに住んでる皆さん知ってますから~!

そしたら、「こちらで埋めたかどうかもわからないですから。」

誰が好きこのんで、自分の購入した土地を数メートルも掘って、ゴミを埋めますか!!隣の土地にも埋まってますよ!

「もう、そんなに前のことは、補償範囲外ですから」

と、知らぬ存ぜぬでした。

大手だから安心と思ったのは大間違いですね。

仕方なく、自腹で家のジャッキアップを専門業者にお願いしました。

そして、数日間かけて家の基礎の下にトンネルを掘り、数ヶ所の柱の下にジャッキアップ専用の道具(名前は分かりません)を入れていきました。

もちろん、家の基礎の一番傾いている箇所のかなり下から、廃棄物は出てきました。

なんだか、花咲かじいさんの、意地悪じいさんになった気分です。(ココ掘れワンワン言われて掘ったらゴミ💦)

もうーーー!!仕方ないな!

あきらめて。

今日がそのジャッキアップの日。

ミシミシパキパキ

家の木が音を立てます。歪んだ部分を戻すから、そんな音がするそうです。なんだか、背筋をぐーんと伸ばしているような気がします。

家の中では、レーザーで水平を確認していきます。

終わってから、開けにくかったドアなど、確認しましたが、

あーら不思議、今回、傾いていない方の開けにくかった勝手口のドアとかも、スッキリ開くようになりました。

ベタ基礎でしっかりしてると、沈んでいる方を上げると、そちらにひっぱられて影響のあった箇所も直るのだとか♪

ヤッター!

なんか嬉しい。お金はかかったけど、沈んでいた家が持ち上がった~。

なんと、壁の亀裂も閉じた!

そんな事ってあるんだな〜

よーし!この調子で、上に上がるぞ~💪( `ω´ 💪)

コメント

  1. ありゃま より:

    わー(××)

    びっくりで、腹立つし、大変なおもいされたようですね。

    『背筋がのびたよう』という表現が素敵ですね(^^`)

    • 森の民 より:

      ありゃまさん、

      ホントに!ありゃまぁーって感じでした。
      あと何年住むかも分からないし、いっその事そのまま、開きにくいドアの建付けだけ直して、とも考えたんですが、安心して住みたいですしね。

      家も喜んでる気がしました。
      コメントありがとうございます。