メディアの情報操作

先日、あるテレビ番組で引きこもりの50代の人の事を伝えていた。

40代50代の引きこもりが増えているという。

それを更生させる施設があり、そこがクローズアップされていた。

なぜ、働かないのか?の問いに、その引きこもりの人は、子どもの頃、父親から言葉による虐待を受けたと話した。

おそらく、それは事実だったと思う。

しかし。。。

問題は、それに対するコメンテーターの言葉

言い訳だ!

いい大人が何を言っているんだ!

情けない!

唯一、まともな事を話そうとしたコメンテーターがいた。「引きこもりがなぜ起きたのか、なんでもかんでも引きこもりが悪いというのではなく…」と言ったような内容を話したところで、ブチッとその人のコメントは切られた。

唖然。。。

なんだ?このテレビ!???

初めから、引きこもりになった人を悪者扱い。

年金生活で、息子が働かなくて困っているという母親が被害者で、働かない息子が加害者の扱い。

私だって、働かないのが良いことだなんて、思ってない。50歳にもなって、年金生活者の親に養ってもらうのってどうかと思う。けれど、おそらくこの人は、50歳ではない。ひきこもり始めた30年前から、心は育っていない。だって、社会と関わることなく引きこもってたんだから。

そしたら、20代の人が、働けないわけを考えてみようよ。その育ちや環境の中に、何かあった可能性も高いでしょ?

なのに明らかにこのメディアは、初めからストーリーが出来上がっている。どうコメントすれば視聴者が喜ぶか。。。

日本人は、正義が悪を裁くような話が好きだから。初めから、引きこもりの中年男性が悪者。

 

テレビを見る時も新聞を読む時も、

これは本当かな???と、絶えず疑問に思わないといけない。

そうしないと、いつの間にか、メディアのこうしたいという方向性に乗せられてしまう。

私たち一人一人が、特にワイドショーや情報番組を見る時には、その方向性やコメンテーターの言う事が正しいのかを、よくよく考えないといけないなと思った。

コメント