気が満ちるのを待つ

このところ、一人暮らしの息子と話すこともないので、つぶやきが多くなっちゃってますね。過去を振り返り、ふと思い付いたことを、書いていこうと思います。

気が満ちる

きがみちる

時期が満ちる

それまで、待つことは大切だなと思います。

待っても待っても、その時は来ないと思うかもしれません。何しろそれまでは、とてつもなく長く、一向に前に進んでいるように思えないから。

人には、エネルギーというか『気』というものがあると思うんです。前にも書いたかな。

病気になるとは、その『気』が病むわけですから、エネルギーが満ち満ちてきません。

やる気も、『気』ですが、その、何かをやろうとする『気』、エネルギーが出てきません。

だから、焦らずに慌てずに、自分の『気』が満ちるのを待つ必要があるなと思うんです。

それには時間が必要。

時期『期→気』が満ちるのを、待つ

これが、とても大切だと思うんです。

我慢比べですね。

息子が発症して3年間くらいは、日々を振り返ると何も変わらないような気がしていました。(これも、『気』ですね)

私が息子にした事といったら、ご飯を作ったくらいでした。

もしかしたら、案外、他の多くの人がやれていないようで、私がやれていたことは、寝ることを良しとして、寝てたら褒めてたくらい?

昼夜逆転も有り!昼夜逆転していたからといって、早く寝なさいとか、早く起きなさいとか、そんな言葉もかけませんでした。

ただひたすら、待っていた?

先の見えない中で、大地がいることに感謝して、自分自身に、焦らない慌てないと言い聞かせ、最低10年、もしかしたら一生、この生活となる事も良しとして、同じ日々を繰り返していた気がします。

そしたらいつの間にか、大地に『気』が満ちてきたのでしょうね。自分から、やりたいという『気』持ちが、出てきた。

『気』が満ちるためには、時が必要なのだなと、そう思います。

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

2018年6月新刊。かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ