咳がひどくて

夕方、大地のアパートへ。

受診した内科の病院では、レントゲンでは異常なく、熱も38℃台だったからか風邪薬を処方された。けれど咳が止まらず、特に横になって寝ようとすると呼吸が苦しくて息ができないのだという。

咳だけなら1ヶ月以上続いていて、喘息じゃない?と思ったけれど、頂いた薬の中に喘息に合いそうな処方はなかった。

バイトが交代できる人がいなかったとかで、どうしても行かないといけないという大地。時間ギリギリまで寝てなというと、起きてた方が呼吸は楽なんだよなと言いながらも、熱もあるからだるいらしく、言われた通り横になった。すると、すぐにゼイゼイと胸の音も聞こえるほど。唇の色も悪くなるし。

これ、まずいよ。バイトなんて言ってる場合じゃない!すぐに病院に連れていきたいくらい。

それでも大地は目覚ましをかけて、時間ギリギリまで寝るとバイト先へ向かった。

終わったら、遅くなってもいいからかあさんの携帯に電話しな。迎えに来るし、今日はアパートじゃなくて家で寝なさい。

少しすると、バイト先の店長が大地の様子を見て、帰ってもいいよと言ってくれたとか。

すぐに迎えに行く。

家に帰ると、私の咳喘息の屯用の薬を大地に使う。(医者に聞かなきゃダメって事はわかってるけど、そこは副作用や今飲んでる薬との併用はどうかなどなど把握済みだし、何があっても自己責任。)

すると案の定少しして、横になってもゼイゼイする音が治まった気がする。唇の色も良くなる。

次に病院行ったら、医師にこの話をして、別の薬をもらった方が良いかな…。

大地は、明日も動けないから大学いけないと弱気だったけれど、今は、「明日行くから送っていって、チャリはまだキツイから。。。」と、言える程度には回復。

今夜眠れるといいなぁー

コメント

  1. ピアス より:

    こんばんは。どの科のドクターでも、腕の良い人は、10人に1人位ですかね。その1人に診てもらいたいですね。特に精神科では、早い時期に良いドクターに出会いたいです。重症化すると改善するのが非常に難しくなりますから。

    • 森の民 より:

      ピアスさん、

      ホントにその通りですね。
      最初の、陽性症状の強い時期からずっと同じ医師に診てもらえたらありがたいのですが、
      大きな病院だと異動もあるし。

      私は、治してくれる医師(早めに寛解させてくれる医師)が、良い医師だと思ってますが、精神科の場合、それを見極めるのは大変ですね。

  2. ピアス より:

    こんばんは。大変ですね。精神科の残念なドクターには、傾向が有りますね。多種多剤の処方。向精神薬が無いか、ほんの少しで睡眠導入剤がメイン。必ず分包する。短いサイクルで、通院をさせる。診察の予約時間が守れない。当事者の話を聞かない。などが有りますよ。

    • 森の民 より:

      ピアスさん、

      なるほど~。参考になります。
      特に、多種他剤!!今の統合失調症についてキチンと学ぶとか、新しい薬のガイドラインをしっかり読んでいれば、ありえませんね。
      もしかしたら、統合失調症ではなく、他の病気の可能性を潰してから、その選択をするのかもしれませんが。。。
      ありがとうございます。