第3章 統合失調症と歩く

NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

10 次の一歩へ

統合失調症を発症して2年目 高校を卒業してからの1年間 17才11か月で発症した大地は、20才になろうとしていた。 昼夜逆転の生活は変わらず、毎日、午後2:00-5:00頃起きて、風呂に入り、ご飯食べて、友だちと遊...
0
NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

09 勉強をする

発症から1年10ヶ月。 大地は、勉強を始めた。 警察官試験を受けたいという事だった。 1日2時間程度だけれど、警察官の試験問題集を開いて、 「覚えられね~」と言いながら、頑張っていた。 発症当初、警察官が出...
0
NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

08 統合失調症を知る

子どもが生まれる前から、「健康でさえいてくれればOK」と願っていた。 幸せだなと思える人生を送ってほしい。その為には健康であることが、基本。 幸せになるための条件として、まず、 「心身ともに健康であること」があると...
13
NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

07 妄想に気づく

大地が、寝て、一緒に買い物して、一緒に散歩して、カードゲームして。。。という生活が繰り返されていたある日、 弟の海(中3)に彼女ができた。 冷やかしたら、海が、「おにいちゃんだって、絶対付き合ったことあるはずだよ!」...
0
NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

06 家族会に行く

ずっと、共感できる人を求めながら、日々の忙しさで一歩を踏み出せずにいたのだが、発症から1年半経った頃、始めて、家族会に参加した。 その家族会は、隣の市の地区センターの一室を借りて行われていた。 初めに...
4
NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

05 小遣いを稼ぐ

ネットのフリマで、遊戯王カードを買ったらしい。 欲しかったカードが安かったからと、郵便局で送金して楽しみに待ち、 届いたものが、韓国語のカード。 届いた沢山のカードの中で、欲しかったカードだけは全て韓国語版だったら...
0
NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

04 友だちと遊ぶ

遊戯王カードが大好きな大地。 高校受験を控えていた頃、私は「もういい加減に、受験生なんだからカードゲームなんかで遊ぶのはやめなさい!」と言った。 大地は渋々、いくつかの遊戯王カードを手放したらしい。 そして...
4
NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

03 昼夜逆転する

発症から1年半頃の生活 起きたのは4:30 午後の…  寝たのは何時? 「4時頃かなあ・・・」 昨日は、寝たの3:00ころで、起きたのが午後の3時頃でしょ? その前は、午前2:00頃寝て、起きたのは...
2
NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

02 散歩をする

大地は、ほぼ寝ていたため、家から出ることはなかった。 そこで私は、仕事から帰宅すると、どこかへ出かけたいという大地を車に乗せて、スーパーへ買い物に出かけた。 買い物は、2~3日に1回で良かったのだけれど、毎夕出か...
0
NO IMAGE 第3章 統合失調症と歩く

01 寝て過ごす

発症から丸1年が経過した。 高校を卒業して、大地は本格的に寝て過ごせるようになった。 毎日毎日、寝て過ごす。食べる、風呂に入る以外は、寝て過ごす。それが、大地の場合は、脳を休ませる最善の過ごし方かなと思った。 ...
2