勉強してるのを見てみた。

もう、ボーダーフリーのとこで、どこでもいいかな~(´-﹏-`;)

と、投げやりになっている大学選び。

勉強している様子も無い。

それを見ていた夫が、努力もしないで入れるような大学に行くのに、学費は出さない!と言い出した。

そりゃねー

昔は、遊ぶ為に大学行かせるなんて考えてなかったもんな~。

でもさあ、大地にとってはリハビリにもなると思うんだよね。もちろん、本人が大学行きたくないとか、専門学校に行きたいって言ってるならそれでオッケーだけど。

警察官試験受けるのに、大卒で受けたいっていうのが目標なんだもん。

大地からしたら、どこの大学行っても、警察官試験を受ける時に勉強するんだから同じ…みたいになってる。

大地に、「おとうさん、勉強しないなら学費出さないって言ってるよ。」と伝えると、「働いたら返すから」

いやいや、そんなあてにならないこと言われてもさ。

「あのさあ、社会に出て、借金600万からスタートなんて、大変だよ〜。ここは、ちゃんと勉強した方がいいよ。勉強そのものも、脳機能のリハビリになると思うしね。」

といったやり取りがあり、昨日と今日はバイトがないというから、子どもの頃みたいに、ダイニングテーブルに勉強道具持ってきてやるように言ってみた。

意外にも、素直に言うことを聞いて、問題集を持ってきた。

それから1時間くらいかな…。勉強していた。

夕飯を食べて、さらに1時間。

私も、子どもたちが小学生の頃に、宿題をやるのを見守っていた時のように、夕飯を作ったり後片付けしながら、時々そばに行って声をかけた。

わかるー?大丈夫ー?かあさん、教えてあげようかー?

「いや、かあさんに聞いたらわかるの?」

ちょっと見てみた。高校数学。分かるわけないじゃん!

もはや小学生の宿題ではない。

それでも、このダイニングテーブル勉強法は、いいかもしれない。

続くといいなあ…。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

フォローする