認知機能にいいらしい

昨日みていたクイズ番組で、前頭葉を活発にするには音ゲー(音楽ゲーム)が良いらしいと言っていた。

大地、音ゲーやったらどうかな……。

さっそく、「音ゲー知ってる?」と聞くと、「今、ダウンロードしてるとこ」と。

クイズ番組を見ていたわけではないけれど、ダウンロードした音ゲーを見てみると、クイズ番組でやっていたものとほぼ同じ感じ♪

しかも、最初からうまい。(さすが、若い!)

「かあさんも、ボケ防止にやろうかな・・・」というと、さっそくやり方を教えてくれた。

さらに、カレーが海馬の認知機能に良いらしいことも聞いたので、

「大地、カレー好きじゃん!明日から、おなかが空いたら、ラーメンじゃなくてカレー食べなよ!」というと、

「やだよ、ラーメンのが好きだし。」

「認知機能にいいんだってよ~」

「はいはい。じゃ、母さん食べれば。ボケ防止に。」

症状によって、改善するべき脳の部位が分かれば、それに合わせた栄養を考えられるようになるんじゃないか?

対症療法(症状を抑える薬の使用)だけではなく、原因となっている脳そのもの(神経そのものの修復や異常をきたしている脳内ネットワークそのものの改善など)を治療することができれば、将来薬を減薬していったとしても、ストレスに耐えられるようになるのではないか?

大地の症状から考えると、おそらく海馬の異常が一番大きく、統合失調症の発症に影響したのではないかと思う。幼いころのストレスは、海馬の成長を阻害するらしい。

スーパーの出口から、車を止めた駐車場まで戻れなくなっていたことや、海馬が記憶を司っていることも、大地の誇大妄想と関係しているような気がする。大地の妄想は「思い出した!」と言って始まることが多かったし。

とはいっても、脳内はすべて神経回路で精密につながっている。エビリファイやリスパダールが効いていることを考えると、ドーパミンも当然関係しているのだろう。

統合失調症の治療は、ダイエットと同じで、これさえやれば効果がでるというものはない。

でも、「効くよ~」と言われると、思わず試したくなっちゃう心理もある。

今回は、「音ゲー」と「カレー」を勧めてみた。

カレーは本人が嫌がったら無理だけど、音ゲーは、言わなくても本人がやる気満々だから試せそう。

前頭葉は、集中力を高めて作業に専念させる役割を果たすとともに、ワーキングメモリー(計算をする場合などに情報を一時的に記憶すること)として働くらしい。意欲にも影響があるはず。

「音ゲー」始めたから、集中力がUPして、めんどくさがりが改善するといいな~♪

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

フォローする