携帯が壊れた

携帯が壊れた!

と言う。

落としたの?

いや、なんか、音が片側聞こえない。イヤホンが壊れたんじゃないと思う。試した。あと、Wi-Fiが繋がりにくい。

神様がさ、少しは勉強しなさいってことで、そうしたんじゃないの?

えー!マジ困るんだけど。

もうっ!気になり出すと我慢が出来ないんだからあ!

という訳で、仕事が終わって帰宅後、携帯ショップへ。(携帯の契約者は私なので、何かあると一緒に行かなければならない。契約者変更は、まだできるような状態ではなかった。)

3年くらい前だったか、同じように、使っていた携帯が故障し、携帯ショップへ行ったことがあった。

その時は、「ここで発券された紙を見て、番号を呼ばれたらあっちへ行くんだよ」と、いちいち教えた。

ショップ店員とのやり取りも、携帯電話のどこの調子が悪いのかだけは、自分で伝えてはいたものの、店員さんからの説明は、ぼんやりしていて何も聞こえてないんじゃないかって感じで、アクビや貧乏揺すりがひどかった。

あの時は表情もなかった。店員さんも怪訝な顔して見ていたもんな~。

でも、今回は私が何もしなくても、一人で全部やっていた。店員さんの顔を見て話し、説明も、理解できないと、それってどういう事ですか?と聞き返し。

説明聞いてて分からない用語は、私の方が多かった(^_^;)

相変わらずの貧乏揺すりはあったけど、以前と何が違うって、表情が違う。

回復を感じたとはいえ、携帯ショップって時間がかかる。かれこれ2時間。さすがに私も欠伸が出たよ。

大地も、最後の30分くらいは、表情が乏しくなってきて、顔つきが適当に聞いてる感じになってきた。

終わったのは午後9:00過ぎ。二人で大きな欠伸をして、ショップを後にした。

さらに、携帯ショップの入っている大型スーパーで、お惣菜などのタイムセールが始まっていたから、それらをまとめ買いして帰宅。

夕飯は10:00過ぎになってしまった。

ねむい〜!母さんはお風呂入ってスグに寝るからね。薬、忘れずに飲みなさいよ!

「オレも眠い。風呂入ったら寝る!」

薬!!

「あとでー」と言って、ココア(犬)の横でゴロゴロする大地。

だめー!薬飲んでー!そしたら、そのままココアと床で寝てもいいから!

大地は、めんどくさそうに起き上がり、薬を飲んで、「やっぱ風呂入る」と言って風呂場へ向かった。

そのあと、ちゃんと眠れたのかどうか???

また明日、確認しよう♪

なんか、幸せな時間だった。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

フォローする