病院受診の時の様子

2017.5.17

4週間に1度の病院受診日

いつも通り、
「どう 最近は?」と聞く、ハツラツとした雰囲気の院長先生
「変わりないです」と答える息子
先生は、「バイト、どんな感じなの?」など、当たり障りのない話をしたり、「最近、筋トレ続けてる?」と、息子の二の腕や腹筋を見て、「お、こりゃいいぞ。鍛えてんなー!」と、筋トレの方法まで教えてくれる先生。大地も熱心に筋トレの方法を聞いたりしている。
一通り息子と話し終わると、「どうですか、おかあさん」と、私にも声をかけてくれる。
今回は、
夕方から23:00にかけてのバイトのシフトの時に、終わってもすぐに帰ってこずに、バイト先の友だちと話しこんで、帰宅が深夜2~3時になり、朝方眠ることがある…。
という状況を伝えてみた。
別に困ってもいなかったし、大学生くらいの普通の21歳の子ならそんなものかと思ってたけど、一応、今の生活のリズムは、主治医には知っておいてもらった方がいい。
すると先生も、
「まぁ、おかあさん、年齢的にそういうこともあってもいいでしょ。バイト先は居心地いいのか。そりゃいいなぁ」と。
薬の減量についても聞いてみた。
「今ねぇ、多すぎず少なすぎず、いい量だよ。まぁ、もう少し環境が落ち着いてから、半年はそのまま。その後、少し減らして半年様子みてって感じかな…。大丈夫だよ。全部は無くならないかもしれないけど、必ず減るからね。」
環境が落ち着くってのは、就職して職場や仕事に慣れてから。って事らしい。
まだまだ先だな。
まぁ、覚悟はしてる。大地も、別に驚いた様子もない。
日々の生活を楽しむって事をとても大切にしてくれる院長先生。
結構、高齢だと思う。
長生きして現役で頑張って欲しい。
ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

フォローする