08 アルバイト その1

※お越しいただきありがとうございます。
このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。


目標にしていた警察官採用試験が終わった。

思えば、認知機能リハビリテーション(NEAR)をやろうという気持ちになったのも、警察官試験の勉強がまったくはかどらなかったからだし(クオカードの事は大きかったけどね)、リハビリが終わってからも、大地なりに勉強に向き合ったようだ。やりたいと思う事があれば、電車に乗ったりとかも出来るのだという事がわかった。

採用試験後、大地は以前のような生活に戻っていたので、私は、今度こそ精神科デイへ!と思っていた。

「大地、毎日寝てばっかりじゃつまらなくない? 同じくらいの子と、ゲームしたり勉強したり、作業をしたり、そういう場所があるんだよ。今より少し、充実した生活になるかもよ。」

すると大地は、

「今オレ、毎日忙しいんだけど。」

「なんで忙しいの?」

「ゲームしたり、寝たり、ココア(飼い犬)と遊んだりー(o^^o)。あー!オレの今の充実した生活を続けさせてくれ〜。」

ニヤリと笑いながら言う大地。

というわけで、相変わらず大地はデイサービスとか作業所とか、そういった方向には興味がなく、その話をしようとするだけで「行かない!」と遮られてしまう。

大地は、バイトしようかな〜と、言ってはいたが、なかなか一歩が踏み出せない様でもあった。すると父親が「ぼちぼちアルバイト始めろ。何もしないで家にいたって仕方ないだろ」と。

大地は、「う~ん。。。」と聞いているのかいないのか、あいまいな返事をしていたが、翌日、「コンビニでバイトをしようと思う!」と言い出した。

そして、まだ二次試験の結果が届いていなかった11月。大地はコンビニのアルバイトを探し始めた。

なぜコンビニなのか…。

高校生の頃、コンビニで初めてのバイトをしようとし、面接にも行ったのだが、父親に反対された事があるのだ。結局、父親の言う通り、せっかく採用されたコンビニバイトを断り、「もうバイトはやらない!」となった経緯があった。

病気になり、父親も大地のバイト先の事までうるさく言わなくなっていた。

大地は自宅近くのコンビニを自転車で回り、アルバイト募集の張り紙を見つけると、さっそく履歴書を書いたり、電話で面接の予約をしたりと動き、すぐにアルバイトを始めた。

アルバイトを始めるにあたり、私から大地にひとつだけ条件を出した。

「深夜から朝方にかけてのバイトだけはしてはいけないよ。寝る時間が大事だからね。」

大地はその約束だけは守り、

「平日は3日間で、9:00~13:00にした。」

「いいじゃん、初めてのアルバイトだし、ちょうどいいね。」と言うと、

「あと土日は8時間働く。9:00~17:00」

???

いきなり週5日働くの?大丈夫?

「おー!」といつもの返事をする大地

ちょうど、1年半飲み続けていたヒルナミンが減薬され、なくなっていた。

この活動的な様子は減薬の影響だろうか?

きっかけはどうであれ、アルバイトを始めようとする意欲が出始めたのは良い事だ。

けれど、大丈夫だろうか…。

数か月前までの事を考えると、大地がアルバイトをするようになるなんて、信じられない話だったが、1日の大半を寝て過ごしていた大地が、週に5日もバイト!

まだまだ目を離せないなと感じた。


統合失調症のLINEグループがあります。
家族のLINEグループ、当事者のLINEグループ、雑談のグループなど、他にも色々あります。
schizo.blog-ga-schizo.net/2017/07/26/post-34/
LINEグループなので、困ったとき、辛かった時、話したくなった時、いつでも誰かが応えてくれます。もちろん既読スルーもOK。退室も自由です。
もしよろしければどうぞ♪

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

フォローする