10 次の一歩へ

※お越しいただきありがとうございます。
このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。

統合失調症を発症して2年目
高校を卒業してからの1年間
17才11か月で発症した大地は、20才になろうとしていた。
昼夜逆転の生活は変わらず、毎日、午後2:00-5:00頃起きて、風呂に入り、ご飯食べて、友だちと遊び、夜11:00頃帰宅してから、一緒に散歩に出かけ、帰宅後ご飯を食べ、携帯でアニメを見て、寝るのは朝方、午前3:00-5:00。
そんな生活が続いた。
何も変わらないように思えた。
一歩進んだかと思うと、半歩さがる。
時には、半歩進んだかと思ったら一歩さがる。まったく、前に進んでいないのではないかと思えるような歩みだった。
けれど、振り返ると、寝るだけの生活から、毎晩の散歩が始まったし、
遊戯王カードを始めて、友だちと遊べるようになった。
ネットで、カードの売買もするようになった。
カタツムリか亀のような速度だけど、前に歩いているのだ。
そして、大地は警察官試験を受けることにした。
まったく勉強が進まない大地に、私は、国立病院の研究を受けてみないかと勧めてみた。
家族会の講演会で、認知機能リハビリテーション(NEAR)についての講演を聞いたことがあるのだが、それを受けさせたいと思っていた。統合失調症早期外来というところで行っている、研究のひとつだ。
その効果があるかどうかは、研究している最中であり、絶対に良くなるという保証はない。けれど、今できる限りの医療を受けさせたいと、かねてから思っていた私にとって、研究でもなんでも良かった。
それで少しでも良くなったら、こんなラッキーなことはない。
講演を聞いたばかりの頃、大地に話したことはあったのだが、その時は、陰性症状で寝てばかりの真っ只中だったから、大地は「めんどくせ~」と言って、まったく話すら聞かなかった。
けれど、あれから数ヶ月。この時の大地は、試験を受けようという意欲が出始めていた。
「この治療は、記憶とか集中力とか、そういう認知機能を回復させるためにいいらしいよ。今、試験勉強してもはかどらないでしょ?少しは良くなるかもしれないよ。」
この時も、大地は、相当めんどくさがったが、現金なもので、
「あ、クオカード5000円もらえるって!」と言ったら、
「マジで?じゃ、やろうかな。」
研究対象として、このとっかかりの理由はどうかな…?とは思ったけれど、とにかく今までの規則正しい夜型生活から、少しばかりの変化を求めて、大地と私は、「認知機能リハビリテーション(NEAR)」に申し込むことにした。

統合失調症のLINEグループがあります。
家族のLINEグループ、当事者のLINEグループ、雑談のグループなど、他にも色々あります。
schizo.blog-ga-schizo.net/2017/07/26/post-34/
LINEグループなので、困ったとき、辛かった時、話したくなった時、いつでも誰かが応えてくれます。もちろん既読スルーもOK。退室も自由です。
もしよろしければどうぞ♪

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

フォローする