02 散歩をする

※お越しいただきありがとうございます。
このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。


大地は、ほぼ寝ていたため、家から出ることはなかった。

そこで私は、仕事から帰宅すると、どこかへ出かけたいという大地を車に乗せて、スーパーへ買い物に出かけた。

買い物は、2~3日に1回で良かったのだけれど、毎夕出かけるのが、私と大地の日課になった。

重い荷物を持ってくれるお礼に、パンやお菓子、アイスなどを1個だけ買ってあげた。

帰りの車の中で、大地は「美味い!」と言いながらニコッと食べていた。

子どもが美味しそうに食べている様子は、こちらも満たされた幸せな気持ちになる。

夜は、2人で犬の散歩に出かけた。

毎晩、大きくなった息子と2人で散歩するなんてこと、あるだろうか。

大地は小さな頃から何でも1人でやってしまう子だった。4歳の時には、近所の小学生にくっついて、早朝カブトムシを取りに行くような子だった。寝ている私に、「行ってくるね」と声をかけて、しばらくすると「かあさん!でかいトンボ!!」と言って、まだヤゴから出たばかりのオニヤンマを捕まえてきたり、日中もセミとかカマキリとか、遊ぶのに夢中で、お腹が空くか、水を飲みに帰ってくるくらい。

家の中でも、弟が2人いたためか、私の横に座ったり、抱っこされに来ることもなかった。

1番、スキンシップの少ない子だった。

それがどうだろう。

病気の為とはいえ、こんなに一緒にいられる時間があるなんて!

散歩に行くと、何も話さないこともあったし、大地の話を聞いたりもした。妄想の話はあまり出なくなっていたが、ときどきはあったし、過去の事で私を責める話も、たまにはあった。

けれど、散歩中の話は、小さい頃の大地が、どんなに可愛かったか。どんなにヤンチャだったか。私が、やんちゃな大地をどんなに愛おしく思っていたか。できる限り、そんな話をした。

「大地がまだハイハイしてた頃さ、大きな犬が散歩してて、大地どうするかと思ったら、どんどん近づいて行って、触ろうとしたんだよ!母さん、まさかあんなに近づくと思わなくてびっくりしたよ。昔から大地は、動物が好きだったよねー」

「大地が生まれた瞬間はね、母さんは嬉しくて嬉しくて、泣こうと思わなかったのに涙が止まらなくてね。滝のように涙が出るってああいうことなのかも。」

「まだスプーンを使うより前の、手づかみで食べるのが大事だった頃、大地は納豆が好きでさ。納豆をぐちゃぐちゃ手づかみで食べて、顔もねちょねちょになったんだよ。でも、嬉しそうにニーッて笑ってた。その姿が可愛くてさ。」

そんな、大地が覚えていないような小さい頃の話をした。そして、大地が生まれてどんなに嬉しかったか。どんなに幸せな気持ちだったか。

そんな話をした。

「今もさ、大地が統合失調症にならなかったら、こんな風に散歩なんてしてくれなかったでしょ。」

「おぉー、とっくに家出てた。」

「良かった〜。なんか、他のお母さん達よりラッキーかも。

でもさ、大地の病気がどんどん良くなって、寛解した頃には、母さんが年取ってヨボヨボになってるから、その時は、大地が母さんを散歩に連れていきなさいよ!」

「えー!やだよー」

「何言ってるの!大地がずーっと家にいてくれたら、母さんの老後は安泰だよ。」

「やだよ。オレは家を出るからね」

「ハイハイ。それならそれでいいけどさ。まぁ、今はこうやって散歩できて、とにかく良かったよ。」

19歳の息子と散歩できる、

そんな幸せもある。


統合失調症のLINEグループがあります。
家族のLINEグループ、当事者のLINEグループ、雑談のグループなど、他にも色々あります。
schizo.blog-ga-schizo.net/2017/07/26/post-34/
LINEグループなので、困ったとき、辛かった時、話したくなった時、いつでも誰かが応えてくれます。もちろん既読スルーもOK。退室も自由です。
もしよろしければどうぞ♪

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

フォローする