08 選択

長男が、病気を発症して、どうすればいい?って、考えた事は何度も何千回もあった。
何がいけなかった?誰のせい?あの時こうすれば…

その度に、「過去を振り返っても仕方ない。これから先の、大地にとっての、最高の最善の選択をしよう。」そう自分に言い聞かせた。

何かしらの行動をしなければならない。

仕事は辞める?パートとして働く?
離婚する?別居する?
一人暮らしさせる?姉と2人暮らし?
学校行かせる?休学?転校?退学?
再入院させる?自宅に1人でおいといていい?

退院して、私が仕事に行ってしまうと、日中は大地がひとりになる。他の子どもたちの春休みも終わっており、あてにすることはできない。

主治医の先生に聞いた。
どうすることが、病気の回復にいちばんいい環境なのか?

退院後はお母さんがそばにいた方がいいかもしれない、とか?           逆に、そばにいない方がいいかもしれない、とか?

先生に言われたら、そのようにしようと思っていた。

正しい答えなんて人それぞれだし、そんな事聞かれても先生もわからないかもしれない。でも、もしかしたら、経験的にどういった環境が、回復しやすいとか、知っているかもしれない。

何でも良かった。
先生の話から、方向性を探るヒントでもあればと、すがるような気持ちだった。

主治医の先生は、
「ひとつだけ言えるのは、お母さんがどんな選択をしたとしても、それは正しいということです。」と。

ヒントすら与えられず、この迷いの闇の中から抜け出せないのかと、がっかりした反面、先生の優しさも伝わってきた。

この病気の治療に、絶対的な正解はないのだ。100人いれば100通りの症状と治療。そして、環境。

主治医の女医さんは、いつも淡々としていて、笑顔もなかったし、クールな雰囲気だったが、私が、後悔しない生き方ができるようにという、思いやりのある言葉だったように思う。

私の選択は、正しい。

発症して間のない今、大きく環境を変えることは、大地にとって良くない気がした。家庭環境は、もう少し落ち着くまで、今のままでいこう。

仕事は…  私自身が、大地のそばにいないと不安だった。何かあったらどうしようと考えると、そばを離れてはいけない気がした。けれど、大地は、ひとりで家にいることに、まったく不安はないらしかった。

もう少し、今のまま、フルタイムで働こう。仕事をしている間は、忙しくて、大地の病気のことやこれからの事など忘れていられた。今の私の不安定な心の状態には、仕事をしている方がいいかもしれない。

私は毎朝、なかなか起きられない大地に「学校行くって決めたんでしょー!」と声をかけ、車に、大地と大地の自転車を乗せて、高校まで連れていき、そこから職場へ向かった。

帰りは、大地は自転車で自分で8kmの道のりを帰ってきた。

私は、仕事が終わって家に帰ると、毎晩、大地と犬の散歩に出かけた。

普段の家事にプラスして、ほんの少しやる事は増えたけれど、大地との20分ほどの散歩は、一日をどんな風に過ごしたか聞けたり、色々と話ができる大事な時間だった。

あの時、仕事や家庭環境の事で、迷い悩み考えた挙句に、結局何も変えなかった。

自分に、この選択で正しいのだと言い聞かせながらきた。

この先も、あの時こうすれば良かったとか、ああすれば良かったとか、思う事はあるかもしれないけれど、「選んだ道が正しい。」そう思うことで、過去を振り返り嘆く時間は、減るように思う。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

フォローする