細胞のひとつひとつ

私の身体は、小さな小さな細胞によって構成されている。

そして、色んな経験が、細胞にインプットされていると思っている。

よく、心臓移植をしてから、何かを見るとドキドキするようになった、とか、食べ物の好みが変わったなど、不思議な話を聞くことがあるけれど、それは、心臓を構成している細胞にも、経験から獲得したものがインプットされていたからだと思う。

トラウマになるようなショックな出来事も、脳だけでなく、身体の細胞にも大きなショックとなって残るから、脳に効く薬だけでは、そう簡単にトラウマを克服できないのだと思う。

息子が統合失調症になった事は、私に大きな衝撃を与えたから、恐らく、私の身体の細胞ひとつひとつに、そのショックは染み込んでいる。

けれど最近思うのは、そういった、色んな経験がインプットされた細胞で出来上がっているのが、今の私なのだという事。

どの経験が欠けても、それは今の私にはならない。

私は、毎日違う、新しい一日を過ごして、新しい経験を積むのだ。

そして、それは、昨日とは違う新しい細胞で、新しい自分になるのだ。

なにか、心を震わせるような、衝撃的な体験をする度に、それは、脳に記憶として刻まれるだけでなく、私を構成するミクロの細胞ひとつひとつに、染み込んでいく。喜びも悲しみも辛い事も。

そして、新しい細胞、新しい自分へと進化していく。

死ぬまで、その進化は続く。

息子が統合失調症になった事は、私にとっては、大きく、新しい自分へと進化する出来事だったのだ。

「統合失調症という衝撃を受けた細胞」へと進化した細胞で構成されている自分の方が、前よりすごい気がする。

大地には悪いけど、母さんはどんどん進化してるよ。誰もがこんな経験を積めるわけじゃないからね。

100人に一人の親しか経験できない、貴重な経験をさせてもらって、かあさんを構成している細胞の経験値は、相当高くなってるよ。

大地、ありがとう♪

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

2018年6月新刊。かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ