仕事との両立

息子が統合失調症を発症して、一番に考えたのは、仕事を辞めるべきかという事だった。

そもそも、今の仕事は、発症の五年前から始めたところで、それまでは専業主婦。若い頃からバリバリとキャリアを積み上げてきたわけではなかったし、看護師という資格は、こだわらなければ、割と求人は多い。

だから、息子が発症して、入院して、退院して…。その度に、何度も何度も辞めようと思った。

ただ、職場では、次の後任の看護師がすぐに見つからないだろう事は、分かっていたので、「明日から辞めます!」というのは無理だということもあった。

発症してすぐに数日間仕事を休み、その後上司に、息子の病気の事や、突然休むことになるかもしれない事など話し、辞めたい事を伝えたら、「休まなければならない時は休んでいいから、とりあえず続けてはどうかと言われた。」

入院中は、仕事しながら毎日面会に行き、そりゃあ大変だったけど、変化するという事は、それがどのようなものであっても、エネルギーがいる。

「仕事を辞める」という変化については、ただでさえ、発症だの入院だのという、最優先すべき変化の中で、考えるエネルギーがなかった。

退院後も、朝、高校へ息子を送ってから出勤していたから、そりゃあ大変だった。朝、息子がどうしても起きられない時には、私も遅刻になったし、仕事を休んだ事もあった。

その時も、仕事がなければどんなに楽かと思った。

発症してから3年めにはNEAR(認知機能リハビリ)を3ヶ月受けたから、その間は、週2回、職場に2時間だけ行って働いて、遠方の研究所病院まで、息子を連れていった。

やはり上司に、迷惑をかけられないから、辞めるか、ほかの人が見つかるまで、パート勤務になれないかも相談した。

その時も、辞めるのはいつでもできるから、続けてはどうかと言われた。

とうとう私は、一番大変で、心も時間も余裕のない時期に、仕事もやり続けた。

過去を振り返ると、私、ホント頑張ったな〜•*¨*•.¸¸♪と、思える。

大変な時に、もう少し仕事を続けようかなと思ったのは、仕事している間は、病気の息子の事を、忘れることができたというのがある。

私の仕事は、人が相手で、気を抜くことができない瞬間というのが絶えずあったから、そんな時は、忘れて仕事に没頭してた。

そして、もうひとつは、息子が良くなった時に、母親が、自分の為に仕事を辞めたのだと知ったら、悲しむのではないかと思ったから。

息子の人生は、自分のそれより大事なのだけど、息子にとっても、私が毎日、楽しく充実して過ごしていた方が、嬉しいのではないか?

自分の犠牲になったとは、絶対に思われたくない。

私が仕事を辞める理由を、息子の病気のせいにはしたくない。

結果として、悲しみのどん底で、超多忙だった時に、私は仕事をしていて良かったように思う。

最近は、

なんかもう疲れたし~。ガツガツ働かずに、ちょっと楽したいんですけど~ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

と、思ったりする。

統合失調症おすすめの本 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

コメント

  1. ココア より:

    はじめまして。いつも拝見させて頂いています。息子16才が統合失調症です。約1年半前に体調を崩し治療を続けていますが、陰性症状の強い統合失調のためか良くなっているのかなっていないのか微妙な状態です。私も仕事をしているので、両立大変ですね。時々めげそうになってしまう私ですが、このブログで勇気をもらい参考にさせて頂いてます。これからもブログ、続けて下さいね。

    • 森の民 より:

      ココアさん、

      発症して1年半なんですね。
      うちの息子も、寝てばかりでした。
      でも、きっと、脳が疲れきっていたんでしょうね。

      その頃、主治医から、「大丈夫ですよ。そのうち、何かやりたいな~って思うように、必ずなりますから。」と言われたことがありました。
      その後、何かやりたい事ないのかと、何度か聞いたりしましたが、その度に「別に…」という返事。

      けれど今は、バイクの免許がとりたかったりと、やりたい事が出てきています。

      いつ、何のきっかけでそんなふうになっていったのか、まったくわかりません。変化がないように見えるし、時々後戻りしているような気すらした事もあるけれど、前に進んでいたのだなと、今は思います。
      ココアさんも、期待せず、希望は持ち続けて、焦らず、諦めず、お互い気長にがんばりましょう。

      コメントありがとうございます。

  2. 満月 より:

    こんにちは。
    ブログを拝見して共感と勇気を頂きました。
    20才の次男が高3の秋から統合失調症です。
    私も当初は仕事を続けていましたが、今年4月の再発の時に自死の危険があって息子一人にはさせられない状態になってしまいました。
    職場の上司には発症当初から相談して時短勤務に変えてもらえていたので、その時も介護休暇的なもので対応して仕事は続けないかと言ってもらえました。
    ただ、一緒に仕事をしていた同僚からの理解はもらえず、休んでいる間の同僚への負担と心苦しさを思うと耐えられずに辞めてしまいました。

    仕事は出来ることなら続けた方が良いですよ。お子さんと距離を保つことも冷静にお互いを見る為には必要なものだと思います。

    仕事との両立、本当に大変ですよね。頑張りすぎから体調を崩さないようにご自身にも『甘やかし』をさせて上げてくださいませ。

    • 森の民 より:

      満月さん

      発症して1-2年くらいでしょうか…
      仕事の状況など、私と重なるところがあります。

      私も満月さんと同じ状況なら、仕事を辞めると思います。
      それもまた、後悔しないための、正しい選択なのだと思います。

      再発されて、辛い思いをされた事と思います。けれど、大丈夫です。
      このブログにコメントしてくださった方の中には、当事者の方で、再発したけれど、頑張ってらっしゃる方もいます。

      人より時間はかかるけれど、大丈夫だと、励ましてもらいました。
      お互いあきらめずにいましょう。

      自分を甘やかす!大事なことですよね。
      そうします♪っというか、けっこう甘やかしてるかも。
      「まあいっかー」と思う事が、以前より多くなったなと思います(^_^;)

      満月さんも、お仕事がなくても、気分転換しながら過ごせるといいですね。良い季節になりました。朝、窓を開けて、ゆっくりと深呼吸をするのもいいかもしれません。

      コメントありがとうございました。

      • 満月 より:

        早々のご返信ありがとうございます。嬉しいです。

        家族会にも出会え、生の声を聞けるようになって、大分気持ちが楽になってきたこの頃です。
        私はストレスからか、高血圧と脳動脈瘤がダブルパンチでやってきました。幸い破裂前に発見、手術で無事に過ごせています。
        家族も健康でいることはとても大切です。
        仕事辞めてからは趣味と健康にいそしむ日々です٩(ˊᗜˋ*)و
        まぁ、いっかぁ~。大事ですよね。

        私も肩の力を抜いて寄り添っていきたいなと…。
        先程、お月様を眺めながら深呼吸してきました。
        ありがとうございました。

        • 森の民 より:

          満月さん
          コメントに気付くのが遅れ、返信が遅くなりすいません。

          ストレスからの病気・・・。大変でしたね。
          ストレスって、いろいろな病気を引き起こしますよね。その病気はひとそれぞれ。
          私たちの息子は、ストレスが脳の機能の異常という形であれわれたのでしょうね。

          私も、息子といると時間の流れがゆっくりになる気がしています。
          おそらく息子が統失にならなければ、感じることはなかったでしょう。

          お互い、のんびり行きましょうね。

          こちらこそありがとうございました。