寿命

息子が統合失調症になって、私が真っ先に恐れたのは、この病気には「自死」があるという事。

何があっても、息子が自死するような事になってはいけない。

だから、ずっと息子から目が離せなかった。買い物に行っても、仕事をしていても、大丈夫かな?と不安になった。顔を見ると安心するから、ずっと息子のそばにいたかった。

「死なないように…。」そればかり考えていた。

子どもが、ある日突然この世の中からいなくなるなんて、そんな悲しいことがあるだろうか。それは、自死であれ、事故であれ、病気であれ、あってはならない。

天寿をまっとうしてほしい。そう思っていた。

けれど、最近ふと思う。

天寿は、天から与えられた寿命で、一般的には、老衰で死ぬことのようだけれど、高齢で老衰でなくなることの方が稀のように思う。ほとんどの人は、高齢で、病気になって亡くなるのでは…。となると、天寿をまっとうするなんて、そうそう無理。

では、寿命ってなんだろう。

老衰で死ぬ以外は、まるで寿命が途中で断ち切られてしまったようなイメージがあるけれど、実は違う。

寿命は、生まれてから死ぬまでの期間なのだ。

病気でも事故でも、それは生まれてから死ぬまでの寿命。

自死もそう。それが、寿命なのだ。

そう思うようになって、息子を絶えず見ていなければ!!という不安・緊張感が減った。

生きているすべてのものには寿命がある。寿命は長いことも短い事もある。

授かった寿命(生きている期間)を大切に、日々を大切に過ごすことが、大事なんだろうな~。

な~んて、理屈ではわかっていても、なかなか難しいけれどね。

統合失調症おすすめの本 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

コメント

  1. 匿名 より:

    すごくよくわかります
    同じことを思い日々過ごしています

    • 森の民 より:

      匿名さん、

      コメントありがとうございます。

      考えることは色々あっても、人に話すことってあまりないですよね。
      息子が統合失調症になってから、私自身の考え方とか価値観とか、変わったと思います。
      共感してもらえて嬉しいです。