離婚さわぎ

色々、色々、ホントにいろーーーんな事があり、長年の、積もり積もったものもあり。。。

ペットも飼える家を探したりして、ポジティブな離婚の方向を探っていました。

が、、、夫が体調を悪くし、精密検査を受けることに。

離婚に向けて私が動き出したのと同じくらいの時期から、夫は夜もあまり眠れなくなっていたようです。そしてついに病院受診し、精密検査を受けるように大学病院を紹介されたようです。

やれやれ。。。

これでは離婚、できません。

なので、離婚はやめたと夫に話したら、体調が良くなってきました。夜も眠れるようになってきたみたいです。

お互いに、このまま暮らしていくための相手への条件を話し合い、今のところ、守れています。

夫にとって、最もストレスになっていたのは、私が、「大地が統合失調症になったのは、あなたのせいだ」と言ったことだったようです。実際そう考えられるような環境だったと思います。

けれど、なってしまったものは仕方ない!これからどうするかが大事だと。息子と父親の関係を改善しないことには、息子の中に、ずっとわだかまりが残ったままになってしまうと。けれど、頭ではわかっていても、息子に何かあると、ついつい夫を責めたりしてましたから。(そこは反省)

もちろん、他にも夫には悪いところがたくさんありますが。。。

今まで、何度も離婚は考えていましたが、ここまで行動に移したのは初めてでした。精神的にも、結構大変でした。

これからも、まだまだ色んなことがあるでしょう。

統合失調症にならなくたって、色んなことがあるのが人生。。。

離婚してもしなくても、結局私がやる事は、子どもたちが幸せな生活が送れるようになる事。今回の件で、子どもたちもずいぶん振り回してしまいました。(反省)

もしも、息子が統合失調症になっていなかったら、離婚の話は出なかったかもしれないけれど、とことん夫と話すこともなく、ストレスをためながら暮らしていたかもしれません。

息子の病気のおかげで、私の子どもたちへの接し方も含めて、深く考えることができたように思います。

雨降って地固まるという諺のようにいけば良いなぁ〜。

コメント

  1. ありゃま より:

    エネルギーをたっぷり使う日々を送られているように察します。

    色々な事が、すぐにではなくても、糧になる事を祈っています。

    家族思いで、厳しい事も全部『思いやり』ありきで、、
    読んでいてとてもじんわり響きます。
    どうか、心身ご自愛ください。

    • 森の民 より:

      ありゃまさん、

      ありがとうございます。
      身も心もボロボロだ。。。と感じたことも何度もありました。年齢が上がるとともに、疲れでホントに寝込んだこともありました。

      でも大丈夫!子どもたちが生き生きとしている様子に、元気をもらいます。
      この所、長男が楽しそうなので、私も幸せな気持ちになります。(^-^)

      年齢や体力も考えてやっていきますね。(笑)
      コメントありがとうございました。

  2. ルル より:

    ご無沙汰しています、久しぶりに拝見させて頂きました、息子さん大学おめでとう御座います。良い状態で体調維持されているのですね。娘はなかなか難しいですがハローワークの紹介で障害者能力開発校へ通学する事になりました。1年無事通学出来たら嬉しいです、色々大変ですね、難しいですね、感謝と思いやりかなと思っています。私は離婚して2年になります。
    無理をしないようにお過ごし下さい。

    • 森の民 より:

      ルルさん、

      ありがとうございます。
      私も、4年間ちゃんと通えて卒業できたらと願ってはいますが、そうそう上手くいくわけがない。途中で症状が出て、やめることになるかもしれないとも考えています。
      まぁ、そうなったら、その時はその時ですね。

      ホントに色々大変ですよね。私(笑)
      色んなところにエネルギーがいりますね。

      がんばります。
      コメントありがとうございます。

  3. ともきち より:

    こんにちは。
    私も積もり積もった事が重なり離婚を考えて行動に移しそうになる時あります。
    でもほとぼりというかそういうのを越すともしかしてこのまま現状維持だけど一緒に過ごせるのではないかと思いました。
    夫婦関係って本当に色んな事ありますよね。
    添い遂げられれば美しいのでしょうけど。
    お互いに体調に気をつけながら良い道を探っていきましょう。
    突然のコメント失礼しました。何だか離婚の話で勝手に親近感わいてしまいました。

    • 森の民 より:

      ともきちさん、

      コメントありがとうございます。
      ホント!夫婦って山あり谷ありですね。

      数十年前の若かりし頃は、こんな人生になるなんて思いもしませんでしたよ(笑)

      それでも、悪いことばかりではなかったし、夫のおかげで色々な経験をさせてもらったとも思っています。感謝してはいても、それを上手く伝えていなかったかもしれません。

      子育てに気持ちが向いていて、夫の事をめんどくさいと思ってしまっていたのも、感じ取られていたかも(笑)
      長男がこのまま無事に大学生活を送れて、他の子どもたちも自立したら夫婦2人になります。そしたら、もっと気持ちを向けられるかな~と思います。
      がんばりまーす!