父親との話

珍しく、大地と父親が話をしていた。

バイクの話

大地は、バイクの免許を取れるようになった話など、父親には何も話さない。けれど父親の方から、まずは原チャリで慣れてからがいいぞ!とか、話を振り始めた。

あーー💧もう大地、教習所の手続きしちゃってるし…。

すると大地、オレYAMAHAの○○が欲しいんだよね。前は、××のフルカウルが良かったんだけど、今はこっちのがいいかな。250と400だと、値段があんまり変わらなかったんだけど、新車だと高くて買えないから、中古かな。

など、私がさっぱりわからない話をし始めた。

するとダンナは、最初はコケるからな。その度にパーツ代がかかる。400のがそれが高い。あと、コケたら顎をやられるから、メットも△△のじゃないとだめだし、グローブもいるな。遠出するなら400のがいいけど、町中なら250のがいいな。ホントは街中は原チャのがいいんだけどな。

などなど、若い頃バイクに乗っていたことがあるし詳しい。

ふぅーん☆

大地は、聞いているのか聞き流しているのか分からないけれど、うなづいていた。

どこにバイク置くか…。家の周りは住宅街だから、夜中は乗っちゃダメだ。少し離れたところまで引いていって、そこから乗らないと。などなど、なんだか厳しい。

それでも、頭ごなしにダメだと言われなくて良かった。

父親との距離が、少し縮まるといいなぁ。

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

2018年6月新刊。かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

コメント

  1. pottin より:

    母親と父親の役目は、時に相容れないものになりがちなので、それを受け止める子供は間に入って混乱しがちです。
    どうしてこういう風に考えられないかなと、ずっと夫に対して不満を抱いて、それが原因の喧嘩が絶えず、結局離婚しましたが、今は距離をおくことで穏やかな関係を維持しています。
    お父さんができる大地君への対応、思いやりが、今回のような形で増えていくといいですね。

    • 森の民 より:

      pottinさん、

      ありがとうございます。
      幼い頃から、父親の息子への対応の酷さが、私の一番の悩みでありストレスでした。離婚も何度考えたか分かりません。
      息子が発症し、いつかこんな日が来るのではないかと分かっていた気がします。
      けれど、息子はずっと父親からの愛情を求めていたので、いつか良い親子関係を築いてくれるに違いないと、ポジティブに考えてしまい離婚を思いとどまっていました。ポジティブさが、裏目に出ました。
      発症してしまった今となっては、夫も少しは変わりましたし、息子のための離婚は意味が無いような気がしています。

      距離をとったからこその穏やかな関係、羨ましいです。私も早くその決断ができれば良かったんですが、後の祭りですね。
      今は、今回のように父子関係を修復する機会を重ねたいと思っています。