免許をとるために

自動車教習所へ行った大地。

統合失調症の場合は、運転免許センターのある警察署で適性検査を受けて、医師の診断書をもらってこないと受けられないと聞いてきた。

で、さっそく免許センターに問い合せたら、

①最寄りの警察署で、所定の診断書用紙をもらってくる。

②それをかかりつけ医に持っていき、記入してもらう

③②を運転免許センターに持っていき、適性相談を受ける

④適性相談を受けて、運転免許をとっても良いですよという書類をもらう

⑤④をもって、自動車教習所へ

という手続きを踏むことがわかった。

このようにしないと、万が一事故など起きた時に、保険が効かなかったりするらしい。

今日は雪。でも、どうしてもバイクに乗りたい大地は、自宅からけっこう離れた最寄りの警察署まで行くと言っていた。

ここまでやって、もしも適性検査でダメとなったら?

「じゃ、しょうがねーんじゃね?」とサッパリ言う大地。

うん、その通り。ダメ元で、何にでもチャレンジすればいい。

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

2018年6月新刊。かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ