家族旅行に行けた

私の実家の両親と、夫と長女、そして大地と一緒に温泉に行った。

自宅からは車で1時間の近場だけれど、大地が、こうした家族旅行に参加したのは何年ぶりだろう…。

8-9年ぶりかな?

夫は旅行が好きだから、しょっちゅう出かけたがり、年に何回かは泊まりで出かけるのだけれど、中学生頃からの大地はいつも行きたがらなかった。

私は、子どもを1人だけ家に留守番させるのはとてつもなく嫌だったのだけれど、大地が行きたがらない。一人で留守番していたいという。

夫は、行きたいやつだけ行けばいい!というタイプなので、やむなく大地だけ置いていった。

そのうちに下の弟たちも、家族旅行よりも家にいる方が良いと言うようになり、今回の旅行も下二人は行かなかった。

大地は優しいので、祖父母が、自分が行くと喜ぶことを分かっていて、ホントは行きたくないのに参加してくれたのだと思う。

今回私は、かなりイライラする事があって、父と口論になってしまった。

すると大地が、「おじいちゃん、タバコ行かない?」と言って、父を連れ出してくれた。さらに、何度も同じ事を繰り返す認知症の母に対して、つい言葉がきつくなってしまう私に、「かあさん!おばあちゃんは認知症なんだから、そんなこと言ったってダメだろ!何言ってんだ!」と、こっそり私をたしなめるような事を言ってくれた。

大地の言う通りだと思う。

大地は穏やかで優しい。冷静に人を見て的確な判断もしてくれる。

発症前には、大地のこんな性格にまったく気が付かなかったおバカな母(╥_╥)

久しぶりの旅行で、大地の良いところを再認識した♪。.:*・゜

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

2018年6月新刊。かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

コメント

  1. 満月 より:

    大地君の優しさが、深く、深く、心に染み入ります。
    病気を持っている子に教わることが沢山あります。
    そして、私もその優しさで周りに優しくなろうと気付かされます。

    • 森の民 より:

      満月さん、

      ありがとうございます。
      慌ただしく過ごしている中で大切なことを見失いそうですが、こういった些細なやりとりをみて、ほっこりと気持ちが温かくなります。

      幸せになるためのヒントもあるような気がしています。
      満月さんのおっしゃる通り、子どもに教えられています。

  2. えみ より:

    はじめまして。
    いつもブログを読まさせて頂いてる者です。

    私も統合失調症と診断されています。
    歳は息子さんと同じ年です。20歳になります。
    私は小学校の頃から精神科に通院をしていて、お薬はエビリファイを飲んでいます。
    私は普通高校を卒業したのですが、
    最後の方は出席日数や成績がギリギリで卒業出来るか分からない状態でした。
    でも何とか卒業出来ました。

    共感出来るところがいくつかあり、
    コメントをさせて頂きました。
    私の周りに、同世代で同じ病気の方がいないので息子さんに親近感がわきます。

    いきなりコメント失礼致しました。

    • 森の民 より:

      えみさん、

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      周りに同世代の同じ病気の方がいないとのこと、寂しく不安に感じていた事でしょう。

      けれど、私の入っている家族会の子どもたちは、殆どが同世代です。たくさんいるから大丈夫ですよ。

      えみさんも、頑張って高校卒業したんですね。
      本当によく頑張りましたね~♪。.:*・゜

      この病気は、長く付き合っていかないといけませんが、良い薬も出来ているし、新しい治療も見つかっていきます。近い将来、もっと良くなると思いますよ。

      のんびり過ごしながら、一緒に、楽しみに待ってましょうね。