統合失調症でも受験!

統失発症から3年半

大学のオープンキャンパスに行ってきました。

高校2年の夏、まだ発症前。今思えば、前駆症状があった頃、オープンキャンパスに行った時は、説明の最中に欠伸をしたりと、意欲のない表情でした。

その後発症し、入院し、やっと高校を卒業し。まさか、大学を考えられるようになるなんて。。。

今年、オープンキャンパスも3校見に行きました。自分で行くと決めた割には、「過去問もらったからもう帰ろう。」とか、学部の説明を聞いてる途中で寝ちゃったりとか。。。

やっぱり、まだムリかな…。

と思うような行動ばかり。

けれど今日行った大学は、学生ではなく先生が個別に学校を案内して下さり、学部の説明から相談まで丁寧な対応。大地も、質問などしていました。また模擬授業も、大地が珍しく、「これ受けたい」と言って聞くことができました。(いつも模擬授業なんてまったく興味がなく、聞いても寝てたのに。)

模擬授業は、人数が少なかったので、途中で寝たらどうしようかと思いましたが、先生の話は学生に考えさせるような内容の参加型で、大地も寝ないで質問に答えていました。

小さい単科大学ですが、小規模だからこそ学生と先生の距離も近いようです。

今回一番驚いたのは、大地が寝なかったこと。最初は、過去問もらったら帰ろうとか言ってたのに、結局2時間も先生たちの話を聞いていました。

これは、アキネトンが減ったから?

それとも、回復している?

どちらにしても、発症直後どころか、一年前、いえいえ二ヶ月前よりも、出来なかった事ができるようになっている気がします。

この病気は、前に進んだかと思えば止まったり戻ったりと、なかなか先が見えないので油断は出来ませんが、ちょっとだけ、光が見えてきた気がします。

統合失調症おすすめの本 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ