おにいちゃん、治るの?

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

田舎からの帰りの車で、後部座席の長女と長男は寝てしまったので、次男と話をしてきました。

そのほとんどは、次男自身の話。

大学でどんな勉強をしているか、毎日、どんな生活を送っているか。

特に、一人暮らしなので、ちゃんと食べているのかが、一番気になるところです。

大学では、いくつかの資格を取りたいらしく、そのためのカリキュラムは相当キツそうでしたし、学費と家賃以外の仕送りはしていないので、アルバイトで食費、光熱通信費、娯楽費など賄っており、毎日忙しいらしいです。

貧乏生活を余儀なくされて、大変そうではあったけれど、活き活きしています。

そんな次男に、「おにいちゃんもさ、治ったらもっと色々できるようになるからさ。」と話したら、

「え!?おにいちゃん、治るの?」

次男は、統合失調症について、ネットで調べているんでしょう。「治る」という表現は、ちょっと違うのか…

「薬は飲み続けるけどね。前と同じ様に、治ったのと同じ状態にはなると思うよ。」というと、次男は少し驚いたようでした。

すると、寝ていたと思っていた長男が「ぜんぜん変わんねーよ、」と。

「昨年、警察官試験受けた時と、今受験勉強してる時と、記憶力とか集中力とか、全然違うじゃん。今のが、覚えられるようになったでしょ?」と聞くと、「おー!そうか。」

次男はそれを聞いて、にこにこしていました。

長男と次男は、年が2歳しか離れていないため、小さい頃はよくケンカしていました。長男は、なんでも自分の真似をしてくる次男のことを、心から嫌がっており、この二人は、大人になってからも仲が悪いままなのでは…と、密かに心配でしたが、取り越し苦労だったようですね。

次男は、大学で、教育・福祉系の勉強をしています。

長男が発症したばかりの、高校1年の頃の次男は、「おにいちゃんは、心が弱いから病気になったんだ!」くらいの事を、直接長男に言って、聞いてる私の方が泣きそうでしたが、

今、家族の中で、私の次にこの病気を理解しているのは、次男かもしれません。

スポンサーリンク
ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

「はてなブックマーク」でシェアしていただけると大変嬉しいです♪

フォローする