自立支援医療申請

早いもので、またまたやってきました自立支援医療申請の手続き。

発症後、何も変わらないと思いながら過ごした長い日々でしたが、この申請の時の様子が、一番変化の感じられる目安となりました。

自立支援医療の申請は、親である私が書類を用意してやれば良いことは知ってますが、いつかは全て自分でやらなければならなくなる!という将来を見越して、最初から大地と一緒に手続きをしていました。

最初の手続きの時は、かたーい表情で、目は虚ろ。ただ椅子に座るだけで、待つことも辛そう。役所の方のお話も、聞いているのかいないのか。。。

2回目の時も、あんまり変わらなかったけれど、少しうなづいたりはしてたかな。。。

そうして今回は3回目

私が病院に間に合わず、その間に受け付けの方から自立支援医療の更新手続きについて説明された模様。その場で医師に、診断書を書いてもらうようお願いしてゲット。

「自立支援医療の手続きしてくださいってさ。診断書頼んでもう書いてもらったから」と。

さらにその後、役所に行くことになったものの、私がトイレへ行っている間に、番号札をとって福祉の窓口へいき、すでに1人で話を聞いている。慌てて傍へ行くと、「今日はもう遅くて申請窓口は終わっちゃったってさ。」

こんなに変わるとは。。。

1人では何も出来ないと思っていたのに。何年も、大地の自立支援医療の手続きは、一緒に行くものかと覚悟していたのに。

結局、申請手続きはまだなので、夏休み中に行きな〜と言うと、

バイトで忙しいんだよな~

自分で調整して行きなね。とは言ったものの、後からLINEで、もし時間が合えば、一緒に申請手続きについてくよ♪*゚と、入れておいた。

もしかしたら、1人で出来るかもしれないけれど、まだ不安にはさせたくない。

それと、大地がどんな風に対応できるようになったのか、見てみたいという気持ちもあった。

前回も、少しではあっても回復の手応えを感じられたけど、今回は前よりもっと感じられた。

回復に向かっている…♪*゚

なんだか、色んなことに感謝したい気持ちになった。

家族が知りたい統合失調症への対応Q&A ads by hoshu

親が変われば子も変わる!子どもの気持ちを受けとめて、徹底的に話を聞きましよう!決してマニュアル化されない、魔法のようなの会話術をまとめた決定版! 再発防止のための会話のコツを伝授します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ