大学での様子

入学後、久しぶりに、息子とゆっくり話すことが出来た。

交流会では、3人しかいない同じ学部の男子学生と、あだ名で呼べるほど仲良くなれたらしい。他学部の男子学生ともLINE交換したようだ。

何より驚いたのは、入学式翌日のオリエンテーションの後、学食でご飯を食べていたら、先輩の男子学生が、「昼休みバスケする人〜!」と言ってるのを聞いて、参加したらしい。

「タバコ吸ってるから体力なくて、すぐバテたー」と真っ先に話し始めたが、

そんなことより先輩たちに、「オレ22なんですよ〜。でも、先輩は先輩なんで、敬語は使いますから大丈夫です!」のような事を言い、みるみるざわつき、その場にいた数名に知れ渡ったらしいことも判明。

ฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!

え!早くない!?それは、もう少し慣れて、向こうもタメ口が馴染んでからでも良かったんじゃない!?

「いや、でも、なんか先輩後輩関係なくタメ口の人もいるらしいから、オレも慣れたらタメ口になるかもって、言っといたから、いいんじゃね?」

さらに、その場で先輩から、大学の自治会?(高校の生徒会?)のようなものに入らないかと誘われて、入ったのだとか。

さらに、新しくバトミントンのサークルを作りたいという友だちと、作ることにしたのだという。

???

ペース、早くね!?

顔は?表情は?

優しく穏やかな顔をしてる。

大丈夫そう。

このペースだと、連休辺りで疲れが出るかな。。。

油断はしないけど、このまま、以前のように、やりたい事をみつけて、大学生活を楽しんでほしい。

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

2018年6月新刊。かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

コメント

  1. あのん より:

    年齢が違うってなかなか難しいですよね
    わたしも22で来年大学に入学しようと
    受験勉強中ですが
    入ってから馴染めるのかなぁという心配があります
    大地さんはすごいですよね
    年齢のこと隠さずに話せていますから
    わたしも見習いたいです

    • 森の民 より:

      あのんさん、

      息子が年齢を公表したら、他の学部の子で、「オレも23」と言う子が現れ、2人で飲みに行こうと話したそうです。
      息子自身が、ありのままの自分を受け入れているのだなと思いますが、誰もが息子と同じでなくても良いと思います。今回は、たまたまラッキーだったのかもしれません。

      あのんさんが、後悔しないようにしてくださいね。

  2. あのん より:

    自分をありのまま受け入れるのはすごいことだと思います
    わたしは病気でダブってしまったことを
    なかなか受け入れられず
    他人に今何してるの?と聞かれても
    大学を卒業したとか嘘ばっかり並べています
    来年大学に入学したとしても
    多分年齢のことや
    病気のことがあるので
    友達を作れるか不安です
    わたしも大地さんみたいに
    なりたいです

    • 森の民 より:

      あのんさん、

      正解かどうかはわかりませんが、、、
      例えば私は、誰にもバレなかったとしても、悪いことをするとドキドキしてかえって嫌な気持ちになるから、悪いことはしないようにしています。
      誰にも後ろ指刺されることの無い生活や行動をしていれば、それが自信につながるような気がしています。
      周りがひそひそ話していても、普段から悪い行いをしないので「誰にも何も言われる筋合いない!私は何も悪いことしてないから!!」と、思えるのです。(あくまで、私が小心者だからですが)

      息子にも、「あなたが何か悪いことしたわけでなし、正々堂々と生きていけばいい!」と、話しました。病気によって起きた事は、息子のせいではなく、病気のせいですしね。
      あなたの病気について、何か言う人がいたら、それは、その人が無知で偏見のある気の毒な人だから、そんな人たちに合わせて、こそこそする必要はない。病気の事を話しても、変わりなくいてくれる人たちとだけ、付き合っていけばいいんだから!
      と。
      これは、結構大きな賭けでした。誰もいなくなるかもしれないと思いましたから。
      でも、たった3人ですが、病気を知った上で付き合ってくれる友だちがいました。
      もちろん、こちらからペラペラ話してはいないようですけどね。

      息子のようなやり方が正解かはわかりません。その時々で。場所や人の違いで、この方法が上手くいくとも限りません。
      ただ、あのんさんが、後悔のないようにできれば良いなあと思います。

      人生は長いから、たかが数年、病気のために費やしたとしても、その分長生きすればいいんですから。
      あのんさんも、日々を楽しめるよう祈っています。

  3. あのん より:

    励ましてくださってありがとうございます
    確かにその通りですよね
    病気によって起きたことは
    わたしのせいではなく病気のせいですもんね
    ついつい自分を責めていました
    わたしにも病気のことを知っていても仲良くしてくれる
    友達がいます
    あまり自分を責めず
    気長にやっていこうと思います
    相談乗ってくださってありがとうございました

    • 森の民 より:

      あのんさん、

      今、私はたぶん更年期で、イライラしたり落ち込んだりします
      でもこれは、更年期障害という加齢による症状なので、市販薬を飲むと症状が和らいだりします。

      統合失調症は、今の私の症状とは比べ物になりませんが、自分自身ではコントロールが出来ないという点では同じですね。

      過去の事は症状によるものですから、振り返らずに、今後は薬を飲んでコントロールしていけば良いだけの事です。

      のんびり焦らずにね。